「標準語」って不思議

標準語って不思議、と常々思っておりました。
標準語って何?
東京弁?(昔は江戸弁?)
東京=関東よね
なら何故、他の関東方言とこんなに違うんだぁぁぁぁぁ

と・・・。

方言って基本的に、周囲と似てるもんじゃないですか??
岩手弁と山形弁は似てるしー
大阪弁と京都弁は似てるしー

で関東方言つったらあれでしょ多分、「隣のトトロ」のおばあちゃんがしゃべってるような、東北っぽいやつでしょー?
「んだんべぇ」みたいなぁ

結構違ーう。

これはどういうこと?

と、ネットで調べてみたところ。

江戸時代以降、江戸に、全国からお武家さんが集まるようになる。
互いに異なるお国言葉を持つもの同士が一箇所に集まったら・・・
当然のごとく、「共通語」が必要になる。
その共通語こそが、現在の標準語のルーツになっているものらしいです。

標準語ってそもそもの成り立ちからして、非常にコスモポリタンというかまさに標準語だったんですねぇ。
九州から東北まで、色んな方言が入り混じって「みんなの言葉」として形作られていった言葉。
どの方言とも似てなくて
どの方言ともどこか似ている

これが謎の孤立方言の正体だったんだなぁ。

(ってちょろっとネット検索しただけの情報なので違うかもしれないので話半分に!)
スポンサーサイト