<安倍首相>「国民的な理解を得て」…原発新増設に前向き

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121230-00000032-mai-pol

首相は「当面の電力需要にどう対応していくかが国民も不安なのだろう。だから、簡単に『脱原発』『卒原発』とやや言葉遊びに近い形で言ってのける人たちは(衆院選で)信用されなかったのだろう」とも述べた

うーんちょっと待ってほしい!!
私は今回民主党に投票しませんでしたが、投票しなかった理由は、原発事故の対応が最悪で国民を見殺しにしたこと。これが一番大きいです。

スピーディーの結果を公表せず ただちに健康に影響がないと言い 安定ヨウ素剤を服用させず 
絆といって子供の給食に汚染食材を使い 
事故直後ののらりくらりとした保安院たちの態度
メルトダウンしてないと言った御用学者たちの嘘
「核実験時代の方が放射能がいっぱい降っていました」というマスコミの嘘
「放射能の雨が降るというデマメールが流行していますが騙されないでください」というもはや非人道的ですらある「忠告」

原発推進どころか、上記のもろもろへの反発、つまりは<反・原発村>的民意の集約が、民主党大敗の主因かもしれません。(選挙の争点として国民の関心が高かったのは原発より景気回復というのは知っていますが、原発事故対応は民主党に国民の多くが失望した最大のきっかけと思います)

またそもそも今回の選挙は脱原発をかかげている政党は弱小政党ばかりで「選択肢がなかった」とも言えます。
自民党が勝ったのは、決して原発推進が民意だからではないと思います。

民意をふりかざすならば原発に関して国民投票を実施すべきです。
国民投票を実施せずに原発推進を民意と言わないでほしいです。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121230-OYT1T00563.htm
「福島第一原発は津波を受けて電源を確保できなかったが、福島第二原発は対応した。女川原発(宮城県)もそうだ」

三分の一の確率って結構大きいと思うのです。
原発の事故は常にゼロでなければいけない。たった一回起きたこと、これがなによりも重要な点です。
起きなかった二つよりも起きた一つが問題です。
二つ起きなかったとしても、一つは起きたのです。
一つも起きてはいけなかったのに三分の一という高確率で起きてしまった。
そしていまだフクイチの事故の原因が地震なのか津波なのかすら分かってません。
いまだにフクイチの事故の収束もできていません。

国内には未着工の原発建設計画が9基ある。大半は、開発当初の設計に安全性や効率面で改良を加えた「改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)」「改良型加圧水型軽水炉(APWR)」と呼ばれる原子炉を採用している。

福島の事故前に開発された原発を信用していいのか分かりません。

そもそも事故の無いプラントなどないと私は思います。しょせん人間が作り人間が動かすものですから、事故の可能性をゼロにすることができないと思います。

あらゆるプラントが事故を起こし得る、なのになぜ原発だけが問題視されるかというと、原発の事故は放射性物質という、「不治の病の原因物質」を広範囲にばらまき、しかもその影響が長期に渡る、という原発の事故のみに特有な問題があるからです。
(放射線は遺伝子を壊します。人類はいまだに壊れた遺伝子を修復する医療を開発できていません。よって放射線による病は不治の病です)

よく飛行機事故と原発事故を比べる人がいます。
「事故を恐れていたら人類の発展はない。飛行機だって事故を恐れず技術を発展させてきたから今の便利な飛行機があるんだ」
事故時の損害の大きさが違いすぎるだろう。って話しです。
飛行機事故が起きても死ぬのは飛行機に乗ってる人たちと墜落地点にいた人たちだけですし、
周辺どころか100キロ離れたところで奇病や先天性異常が増えることもなければ、住み慣れた土地を追い出されることもなく、農家の人が生活の手段を断たれて自殺することもありません。

他のあらゆる事故災害に比べて、原子力災害は与える損害がでかすぎるんです。
でかいというか、広い。多い。被害者の数が多過ぎる。そして長い。セシウムの半減期が三十年ってもはや知らない日本人はいないでしょう。

飛行機事故と原発事故を比べるのはナンセンスです。

私は原発の問題は技術の問題ではなく、医療の問題だと思います。
事故の可能性をゼロにすることはできません。神様にだって不可能です。よく言われることですが、自爆テロでも起こされたらどうするの?など、事故の可能性は絶対にゼロにはなりません。

だから人類が放射能を無害化することが先決だと思います。
そうして初めて原子力の技術を発展させたらよろしいと思います。

ただ日本だけ原発を無くしたところで、隣国が原発を作っている限り危険はなくなりません。
だから私は世界中の原発を無くすしか無いと思います。

だって無理なんだもん。事故の可能性をゼロにすることは神様だって無理だもん。で事故ったらとんでもなくえらいこっちゃになるんだもん。

仕方ないじゃん。
無理なんだから仕方ないじゃん。>世界

あと原発をなくすと経済が破綻する、と言う人が言いますが、問題は原発が必要か否か、ではなく、原発が安全か否か、です。
たとえ必要であってもそれが危険ならば諦めるしかありません。

あと福島の経済が破綻したのは火力発電のせいではありません。原発事故のせいです。

事故のときの経済的損失を考慮した時、経済面からいって原発はリスクが高過ぎる、むしろ経済の事を考えれば考える程原発はやめたほうがいいんじゃないか、という気がします。

私が自民党に望むことは、国民を見殺しにした民主党と正反対のことをしてくれることです。

拉致被害者問題に初めて突破口を開いた安倍さん。
安倍さんなら被曝した大勢の日本国民を見捨てたりしないと信じています。

「被曝してもだれも死んで無いじゃないか」
というゲロ野郎的クソ意見もありますが
(311以降にたとえば心筋梗塞で死んだ人のうち何人かは被曝のせいかもしれないぜ?でもそれを証明できないんだぜ?証明できないって分かったうえでこういうこと言うんだぜ?卑怯者だらけの世の中に吐き気がするぜ?)、
被曝によって健康被害が起きようと起きまいと、被曝それ自体が損害であると私は思います。

だからこそ広島長崎の被爆者達には被爆者健康手帳が配布されているのです。

私は一刻も早く、福島の原発事故によって被曝した国民へ、被爆者健康手帳的なものを配布すべきと思います。
それともこれすら国民がデモや裁判などによって勝ち取らなければいけないものでしょうか?
戦わないといけないんでしょうか?
スポンサーサイト