炉内燃料、ほぼ全量溶融 福島第1原発1号機 調査で初の確認

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/science/science/1-0113551.html
東京電力は19日、宇宙から地球に降り注ぐ宇宙線から生じる「ミュー粒子」を利用して福島第1原発1号機を調査した結果、原子炉内の核燃料がほとんど溶け落ちていることを確認したと発表した。燃料溶融を調査により確認したのは初めて。

 東電は1号機について、事故時のデータ解析などから、ほとんどの燃料が溶融して格納容器に落下したとみており、今回の調査結果はこれを裏付ける内容。

 東電は、廃炉工程で最難関となる溶けた燃料(デブリ)の取り出しに向け、具体的な取り出し手法の検討に活用する。



↓事故前、キチガイ扱いされてたサイト
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
こういう地震で異常な止まり方をした原発は、
1987年に福島原発でも起きていますが、同じ型の原発が全国で10もあります。
これは地震と原発のことを考えるとき、非常に恐ろしいことではないでしょうか。



↓事故前、まとも扱いされてたサイト (上記のサイトのアンチ)
http://deztec.jp/x/05/faireal/faireal-1-15-index.html
前にも別なところで書いたが、できれば原子力発電所のなかに住みたいと思うことがある。
水害の心配もないし、震災級の地震にもたえられる。
外部の者が勝手に侵入することがなく、ダンプカーなどが飛び込んでくることもない。
……こんな安全な場所は、なかなかほかには、ないだろう。



事故前は多くの人が、平井文書を怪文書だと、思っていた。
多くの人が、「原発程安全なものはない、原発は絶対に爆発しない」と思っていた。
「原発が爆発する」なんて言う奴は頭がおかしいと、そのように思われていた。


「放射脳」という言葉を見る度に、私は平井文書アンチサイトの「原発の中に住みたい」という言葉を、思い出す。
スポンサーサイト