東野圭吾「分身」と貫井徳郎「慟哭」を読んだ

最近小説読んでないなあ、と思い至りまして、超久しぶりに読んでみたよ。

●東野圭吾 「分身」
随分前に実家の母が「この小説面白いよ〜」と言って貸してくれたもの。
東野圭吾って人は名前だけ知ってましたが読んだ事ありませんでした。

[内容]
赤の他人のはずなのに顔のそっくりな二人の女性が、自らの出生の謎を追っていく話。

[感想]
ジャンルはミステリーになるのよねきっと。
物凄い読みやすさにびっくり!
簡単な文章に、ド派手な伏線をあっちこっち張ってどんどん謎解きして核心に近づいて行く。
これは人気作家になるわけですね。
シドニーシェルダンとかあんな感じの、するする読めちゃう感
そして二人の視点が交互に語られる構成も凝っていまして、この二つを矛盾なく書ききれるのはすごいわあと思いました。
もうちょっと文章に厚みがあるといいかなとも思いましたが、そうするとテンポが悪くなってしまうんでしょうね。
古い小説だけあって、テーマがちょっと時代遅れになってしまっていますが(科学の進歩って怖いわね)それでも面白かったです。
読後感はさわやかであっさり風味。
ラストはもっと濃くてもよかったかなあ。

●貫井徳郎 「慟哭」
随分前に本屋で平積みされていて買って以来、全然読んでいなかったもの。
この小説がデビュー作のようです。

[内容]
連続幼女誘拐殺人事件を追う警察と、謎の宗教にはまるおっさんの話

[感想]
偶然にもこれも、二人の視点から交互に語られる形式のミステリー小説でした!
ただこっちの二人構成は上のパズルみたいな小説に比べると、地味というか一本調子というか、謎を解いて行く系ではありません。
文章が上手いので飽きはしませんが、謎解きが好きな人は読み進めるのつらいかも。
「派手な伏線がないしつまんない」みたいな。
がしかし、大丈夫、最後にトリックあるので、がんばって読みましょう!
読後感はがっつり重みがあります。
後味悪い小説が嫌いじゃない私としては、上の小説よりは良いラストだと思います。
ただ、せっかく文章が上手いのだから、もっとうんと文章を洗練させて、いっそのこと「ミステリ要素のある純文学」にしちゃったら面白かったのでは、と思ったりもします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みたいな感じで。
どちらも二日で読み終わりました。
ぐちゃぐちゃとりあえず書いてみましたが、どちらも面白かったです。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する