子供がトムとジェリーを好きな理由

トムとジェリー大好きなうちの三歳男児。
この間ついにDVDも買ってあげちゃいました。
かなりの食いつきで超うれしそうに見ています。
でトムとジェリーについて

「猫とネズミ、どっちが好き?」

と聞いてみました。すると

「ネズミ」

「なんで?」

「おもしろいだから」

なんとジェリー派でした!
ネットで見るとみんな圧倒的にトム派が多いんですが、我が子はジェリー派。

そこで思ったことです。

もしかして子供は結構ジェリー派が多いのでは?

だってトム派だと毎度毎度ジェリーにしてやられるから見ていて面白くないはず。
ジェリー派=ジェリーに感情移入できるほうがトムとジェリーは楽しいはず

ではなぜ、我が子はジェリー派なのか?

大事なポイントは、体の大きさでしょう。

ぱっと見で小さいジェリーと大きいトム。

これはまさに、子供と大人の関係なんですね。

トムは口うるさく子供の行動を制限し支配しようとする大人。
ジェリーはそんなトムをこけにして、いたずらしながら逃げ回る子供。

子供はトムとジェリーを見て、ジェリーに自己投影をして、普段の抑圧からの開放感を味わっているんじゃないでしょうか。

ジェリーは自分と同じように小さいのに、トム(大人)より賢くてクールで。
そのくせ子供らしいキュートさを存分にかねそなえて、
悪巧み大好きいたずら大好きでやりたい放題。

またトムはブルさんには頭があがらない、って設定ですが、これってとても大人らしいですよね。
大人は自分より強い存在と弱い存在を明確に分けて、態度を変える。

私はそんなアホで人間臭いトムが大好きで萌えなんですが、子供はある意味残酷だから、そんなトムをちょっと小馬鹿にしているかもしれません。

私は子供の頃、うちの母に「ジェリー大嫌い。ほんとうにむかつく」と言われました。
私自身はそんな母の言葉にむかついた、という記憶があります。
もちろん、いまとなってはジェリーがいかにムカつく嫌な存在か分かるんですが(笑)

ちなみに、トムとジェリーと似たようなテイストの子供向け映画を一つ思いつきました。
「ホームアローン」です。
家に一人残された男の子が、侵入しようとするどろぼう二人をやっつけるあの映画。
ホームアローンを見る子供たちも、主人公の男の子に自己投影をしつつ、子供に翻弄される泥棒の間抜けな姿に大笑いをするのでありましょう。
トムとジェリーを見る時に、ジェリーに自己投影してトムの痛そうな姿に笑い転げるように。



●追記
今またトムとジェリーどっちが好きか聞いてみたら、どっちも好き言われました(笑)
そっかそうだよね〜☆
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する