Bloc Partyインタビュー

ケリー&ラッセルのインタビュー
http://www.iloud.jp/interview/bloc_party_four.php
http://www.qetic.jp/interview/bloc-party-2/84004/

ゴードン&マットのインタビュー
http://www.witcjp.com/2012/08/14/blocparty04/

2009年半ばに活動休止
2010年クリスマスに再開を約束
2011年はメンバー各自の活動に専念して
2012年にニューアルバム作成開始

復活までの四年間というのは↑こういう四年間だったんですね。
って2010年末には既に解散は回避されていたんですか〜。たった一年半の休みを経てまたやろうぜ、って思えたってことはバンドの関係悪化が然程深刻ではなかったってことなんでしょうねえ

ケリー以外がみんな精神的に大人だから良かったんだろうなあ(笑)
ケリーはもう、根っからのアーティストだから偏屈ものだし、こういう人がバンド内にもう一人いたらきっとうまくいかなかったんでしょう。
あとレベルの違い。
他のメンバーもみんなケリーがすごいって分かってるからうまくいくんでしょう
メンバーそれぞれの活動の楽曲をYouTubeとかで見てみますと、もうケリーの才能は段違い。
四人の中で完全に別格。天才。本物。
ケリーはソロでも充分にやっていけるでしょう。
ていうかソロも絶対に続けるべき。ロックバンドだけでおさまるような人じゃない。才能をあちこちで爆発させまくってほしい。才能がある人はその才能を生かすべき義務があります。

でもバンドに戻ってきてくれてよかった〜(涙)

四人ともテクニックがうんと向上して戻ってきたってのがすごいですね。
ブランクというよりは修業期間としての四年間だったんでしょう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する