NHKドラマ「メイドインジャパン」全三回

NHKドラマ「メイドインジャパン」全三回見ました!
超面白かったー!!!!
役者がみんなぴったりはまってて、特に主役。
これ絶対に唐沢寿明に主役やらせるつもりで書いた脚本なんでしょうね

たったの三回で、うまいこと現在の日本企業を取り巻くいろいろそれぞれがまとまってました。
あれやこれやと面白い要素をコンパクトにまとめましたね〜
長編ドラマでもきっと面白かったと思います

ざざっとネットの感想を見たら、ラストに切れてる人が多かったですが、私はあの「中国企業と提携していくしか道がない」という日本人のプライドをずたずたにしうるせちがらいラストがすごくリアルで良かったなあと思いますし、真面目に三回とも見た身として「NHKは媚中!」とかいう批判は見当違いだろうと思います。

自動車会社との電池の契約取ったどー!大勝利倒産回避!

っていうラストのほうがしらけます。
実際、シャープは台湾企業と提携するとかしないとかでもめてましたよね(結局どうなったんだっけあれ?)。

これが現在進行形の日本メーカーの姿の一面なのですし、続きは今後の日本メーカーの行く末を見て確かめるしかないでしょう。

それから技術者を大事にしろよ!っていう基本メッセージも良かったです。

迫田による技術流出の元ネタは、新日鉄とポスコの例のやつでしょう

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34294
韓国に売った日本人「実行犯」の告白「技術流出-新日鉄の場合」

新日鉄は被害者であると同時に、技術者を大事にしてこなかった故の、大きなツケを払わされただけ、とも言えます。

よく言われることですが、日本は文系がふんぞりかえって理系が不遇な目に遭っていると。このドラマは文系が権力を握ってる社会への警鐘として良かったと思います。

メイドインジャパンというドラマは色々な要素が詰まってますが、基本的には迫田の物語でしょう。
この真面目な技術者は、日本企業と中国企業に二度裏切られました。

日本企業から採算に合わないとプロジェクトを切られ、中国企業からは欠陥の隠蔽を強制され。

日本vs中国ではなく、迫田にとっては徹頭徹尾、理系vs文系の戦いだったわけです。

あと思い出したのはこの歴史↓

李参平
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E5%8F%82%E5%B9%B3
↑この人は秀吉の朝鮮出兵の時に朝鮮から連れて来られた陶工です。
それまで日本は磁器を自前生産できず、中国や朝鮮からの輸入に頼っていたそうですが、朝鮮陶工を連れてきたことによって国産磁器を作れるようになりました。
李参平は有田焼の始祖としてなんと神社までできて奉られているそうな。
有田焼はその後ヨーロッパにも大量に輸出されて王侯貴族達の間に日本ブームを引き起こしたとか。
朝鮮は日本が自前で磁器を作るようになったことで日本への輸出が激減してしまったとか。

ちなみに朝鮮は陶工を大事にしていなかったそうですが、日本では高待遇で、誰も朝鮮への帰国を希望しなかったそうです。

これってまさに、現代でいうところの技術流出ですよね。

技術者一人で国力がどれだけ変わり得るか、という歴史でもあります。

かつて陶工を高待遇で迎え、死後に神社まで作って技術者を尊敬していた日本人。

いま歴史に学ぶ必要があるのではないかと思いました。


そうそうあと、「会社っていいなあ」「また会社勤めしたいなあ」とも思いました(笑)
営業と財務と技術、部門間の考え方の差とか。
「お前は中途入社だからそんなことが言えるんだ」とか。
リストラする者とリストラされる者とか。
会長が社長に「これから汚れ役が必要だ、汚れ役になれ」とか。

私の会社もいろいろありました。
リストラを繰り返して、他の会社と合併して、外資の傘下に入って、リーマンショックで倒産しました

管理部門に食って掛かる「路頭に迷っちまうよ!」というおじさんの言葉とか
「あの人いま工事現場で働いてるらしいよ」っていうリストラ後の噂とか
物凄いいやーな空気が漂っていたなあ

会社再建ということで外資の傘下に入って
また全然違うんですよねえ、アメリカ企業と日本企業は
ちくり制度導入されて
強制的に他の社員の欠点とかを匿名で報告させられる
あれも嫌だったなあ

ブランディング委員会は面白かったです
この会社をこれからどういうイメージで売り出していこうか、ってみんなで話し合って
マンション専門の不動産会社だったんですけど、ほんとこの業界を愛する熱い人がいっぱいいました。

でもそういうの全部水の泡、リーマンショックで全て吹っ飛び倒産

なんかでも、やっぱ、会社勤めってそれでも面白かったと思います

このドラマは「会社員の生き様ドラマ」としても面白かったです。
スポンサーサイト
コメント

そんなのあったのか~!

知らなかったわ~!
面白そうですね~!
見ればよかったなぁ…。
会社勤めって、ほんとそれぞれの立ち位置とかで考え方も変わってくるし、ドラマてんこ盛りですよね。
再就職した~い(笑)
でももう社会に溶け込める気がしません(笑)
子どもの預け先も無いし。

No title

確かに一度主婦になってしまうと社会復帰って敷居が高いですよねえ(しみじみ)
私も実際、就職活動とか想像すると、、、うわあ大変そうだなあ、、、
いろーんな社会のルール忘れ去っていますし、はあ〜

ドラマは普段見ない方なんですが、私が過去にはまった数少ないドラマのうちの一つが「白い巨塔」でして、このドラマの脚本家と同じなんですよ。
テイストがそっくりで面白かったです!
配役も気合い入ってたし、ほんとみんながみんなはまり役で良いドラマでした!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する