ミステリー作家死去 自宅で死後一ヶ月後に発見される

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130316-00000048-mai-peo

<訃報>今邑彩さん57歳=ミステリー作家
毎日新聞 3月16日(土)19時58分配信
 今邑彩さん57歳(いまむら・あや<本名・今井恵子=いまい・けいこ>ミステリー作家)2月上旬、病気のため死去。葬儀は近親者で営まれた。喪主は兄哲夫(てつお)さん。

 長野県生まれ。会社勤務を経て89年、鮎川哲也賞の前身の出版社企画に応募し、小説「卍(まんじ)の殺人」でデビューした。主な作品に「ルームメイト」などがある。

 今月6日、東京都内の自宅マンションで亡くなっているのが発見された。家族によると、乳がんを患っていたという。


いわゆる孤独死というものなのでしょうが、タイトルミステリー風に書いてみました。

この方の小説、一冊だけ読んだことがあります。
平易で大変分かりやすい、おそらく子供でも読めるような非常にシンプルな文体に驚いた記憶があります。

実は先日、私の母のお友達も、同じくらいの年齢で亡くなりまして、同じく以前から乳がんを患っていました。
乳がんって怖いんだな、と思っていたところです。私も検診とかちゃんとしないとな・・・

合掌。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する