耳管通気が痛い。痛過ぎる。

鼻炎+難聴のため耳鼻科通いしています

今日から始まった難聴治療、「耳管通気」がむちゃくちゃ痛いー!!!
過酷すぎるなんだこの拷問はー!!!!
やだーこんなんこれから毎回やるなんて絶対にやだー!!!!

やだけどやだけど 難聴をちょっとでも改善するために するために ううぇええええええええええん

わたし子どもの頃、耳鼻科が一番大嫌いでした。
歯医者なんかよりよっぽど、中耳炎の治療のほうがつらかったです。
大人になっても忘れられないトラウマレベルです

そのくらい私は鼻の中に管をつっこまれる系の痛みに弱いんだす。弱虫なんだす。

なのになのにっ


ええと私は五年前くらいに突発性難聴を患いまして、それ以来、片耳の聞こえがわるいまんまです。
低音が聞こえない。感音性難聴なので問題は蝸牛の中の神経なのですが、私の場合、それに加えて鼓膜の働きもよろしくないそうです。慢性鼻炎も関係しているのかもしれません。

すり切れてしまっている神経を復活させる治療はないのですが、せめて鼓膜の働きがよくなればもうちょこっと聞こえが良くなるだろう。

というわけで。

耳管通気。


ううーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(涙)

ありゃあ中世の拷問器具に使えるぜよ!

スポンサーサイト
コメント

いたい!

私も小学生の頃、中耳炎になって病院に通わされました…。
週一とか週二とか、学校の帰りに親の車で。

自分語りしちゃっていいですか…?


今まですっかり忘れてましたけど、そういやあれってものすごく痛かった記憶が…!
ハナの中に管入れて、ずごごごごー!って吸われるんですよねぇ…。
当時の私も、やたら痛くて、でも治療のために必要なんだろうと必死で耐えてたんですが、ある日何かの拍子にぶちきれて(笑)
管を入れられる直前に暴れてみました。
もう目をつぶって手足をじたばたと(苦笑)

後で付き添いの母いわく、近くの看護婦さんのスカートを蹴り上げてめくってたくらいの暴れっぷりで…。
そして、後日また通院日がやってきて…。
しぶしぶまた行って、しぶしぶ管を突っ込まれると…。
なんと!
今度は全く痛くなかったんですよ!?

後日母いわく
「先生が『痛がるのが面白くてつい』って言ってたよ。」

…Σ( ̄□ ̄;)な、なんですってぇぇぇぇー!?  …ですよもう。


で、http://okwave.jp/qa/q2603863.htmlを見てみたら、
「下手な先生はいくら探しても穴を見つけることも出来ず、かつ痛いです。
 この前そんな先生のところだったので、すぐに耳鼻科を変えました。

 通気の上手な先生は両耳とも一発で穴を探し当てて、痛くなく通気してもらえます。」

…っていう返答があるようですが。
もしもどうしても駄目だー!って思ったら、いっそ別の耳鼻科へ移るという手も…アリかもしれませんね?

No title

なんてひどい先生なんでしょう!!!
普通子どもの患者が来たらなるべく痛くないようにしてあげるのに、その逆だなんてなんだそりゃー!
腹立ちますねえ

そうか、うまい先生だったら痛くないんですね!
痛くない耳管通気があるってなんか希望の光りが★
やっているうちにうちの先生も私の鼻の内部構造を把握してくれて上手に一発でできるようになってくれたりしないかしら!!

私の難聴の症状に耳管通気をする先生としない先生がいそうな気がします。前の耳鼻科では「神経だからもう治らないよ」でおしまい、でした。
今の先生は何度も聴力検査を繰り返した末でこの治療を始めまして、ふつう感音性難聴に耳管通気はやらないかと思うと言う、なんだか複雑な感じなので、他のお医者さんに変わるのも難しそうです(涙)

先生が上手くなってくれますように!!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する