「物は大切に」?はあ?今日のみいつけた、サボさん偉い!

子供番組って結構、「物を大事にしよう」って教訓物が多いじゃないですか。
飽きたから、汚れたから、ってすぐおもちゃを捨てたりしちゃ駄目、みたいな。

これがわたし前々から

「そんな教育したら駄目だあああああああ
『このガラクタ捨てていい?』『やだ』『家が片付かないんじゃああああああ!』
っていう家庭の不幸が増えるだけじゃないか!!!!!!!!!!!!!!!」

と思っていたのです。

しかし今日のサボさんえらい!!!

コッシーのおもちゃ仕分け。
外から持って来た謎の石とか、壊れたロボットとかを、ちゃんと処分!させていました!!!

そうだよ〜
物を大事にしよう、よりも、ガラクタは捨てれ!頼むから捨てれ!!!っていう、そういう教育を施してくれるとママはありがたいのよ☆

いや、おもちゃをあえて壊すとか、そんなのはもちろんダメですけど、それは「破壊行為」がダメなわけですよね。
でも「捨てる」というのは生活する上で必要な行為なわけです。
単に「物を大事にしよう」だけじゃ、「捨てる」という普通の良い大切な行為もダメなのか、と子供が誤解しちゃう気がします。
破壊行為はダメだけど、いらないものを捨てることは、大切。
子供に誤解させないように「物を大切に」という言葉を使うのが良いと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する