クリスマスはミトラス教だった

昨日のふしぎ発見で古代ローマのことやってたんですが、古代ローマでキリスト教と同じくらい大流行してたのがミトラス教で、本当はミトラス教の神様ミトラス様の誕生祭が12月25日(太陽神なので冬至を祝う)だったと。
それをキリスト教が吸収したと
いう話でした

クリスマスが本当はイエス様の生誕日じゃないってのは聴いた事ありましたが、私はてっきりたとえばケルトあたりの素朴な精霊信仰的なお祭りが取り入れられたのかなとか思ってたんですが、そんなミトラス教とかいうイラン出身のあやしげ東方宗教だったなんてちょっとワクワクゾクゾクしちゃいました。

そして日本でもおなじみの弥勒信仰ももともとはミトラス様だったらしいです。

全世界でクリスマスだーつってお祭りされて日本でまで弥勒菩薩様〜っておがまれてるなんてやるわねイラン出身のあやしげ東方宗教!

あ、キリスト教(ユダヤ教)も元々はあやしげ東方宗教ですが・・・
古代ローマって東からの文化の流入が盛んだったんですね
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する