カラスが鳩を捕食

怪我して飛べなくなってしまったらしい鳩を、我が子が追いかけました。
私はそんな我が子を「鳩がかわいそうだからだめよ〜」つって追いかけました。

カラスは人間に追いかけられても飛べない鳩をめざとく見つけたんですね。

かあ〜かあ〜、と、怪しい鳴き声の応酬の後にヒラリとフェンスの上に舞い降りてきました。
人間のこんな間近に降りてくることなんてめずらしい、というような至近距離に。
と、フェンスの上から鳩を襲撃。
つかまえるとくちばしで数つき、鳩はあっけなく死んでしまいました。
あとは羽を舞い散らしながらむしゃむしゃ食べてました。

通りかかった小学生が「鳩かわいそうー!!」

し、知らなかった・・・カラスとかいって生きてる動物を襲って食べる系の鳥だったのですね。(捕食動物っていうのかしら)

やんてぃが追いかけ回さなければ、鳩はどこかでじっと隠れてカラスの難を逃れてたかしら。遅かれ早かれ餌食になっていたかしら。
まあそれが自然の掟だからねえ、弱肉強食。

目の前のアニマルプラネットな光景にやんてぃは小学生より平然としてました(ははは汗)

小学生の言葉を受けて「鳩かわいそう〜」とは言ってましたけど
「なんでカラスは鳩食べたの?」
「お腹すいてたんじゃない」
「じゃあカラスもかわいそう?」
「え?そ、そうねえ〜・・・」

街中にいるカラスも鳩も「野鳥」なんですよね。

人間社会に溶け込んで、こんな野生生物の世界があるんだなあ、と思いました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する