とびばこ飛べた

母としてちょっと感動した話♪
毎週やってるスポーツクラブ、今日は跳び箱でした。
やんてぃはふざけながら不真面目にやっているわりに、運動神経はそこそこ良いのか、人並みにはいつもできるほうです。
でも、跳び箱だけはどうも苦手みたい。
跳び箱つっても2段なんですけどね

両手をついて両足を揃えて跳んで、空中で足を開き、向こう側に着地する

この手順のタイミングをつかむのが苦手みたいで、他の子はどんどん出来るようになるのに、やんてぃだけ出来ませんでした。

コーチが、「出来た子は白帽子ね」と、カラー帽子を反対側にかぶさせます。

他のお友達がどんどん白帽子になっていくなか、自分だけいつまでもカラー帽子のやんてぃ。

タイミングがつかめなくて失敗するのが怖くなったのか、跳び箱に両手をついてなかなか飛び上がれない、その場で固まってしまうようになりました。

そしてついに泣き出してママのところに来てしまいました。

「だいじょうぶ、下手くそでもいいからいっぱい練習してごらん、だんだん上手になってるよ」とかって励まし。

やんてぃ、ちゃんと復帰できました!

涙を拭いて、コーチの元に。

最後に残った「出来ない子」のやんてぃ、コーチとマンツーマンで教えてもらって、そして、飛べた〜!

自転車と一緒で、一度できるともう何度でもできるようになるんですね。

終わった後は、ママに「とびばことべた!」って報告してくれました。ついでに他のママたちにも「やんてぃ(仮名)、とびばこ飛べたよ」と報告しまくってましたが(ははは)

うーん、なんか感動しちゃったわ〜

「さっきなんで泣いたの?」って聞いたら「かっこわるいだから」だそうです。
やっぱりそうか〜

かっこわるくても逃げ出さないでちゃんと練習してできるようになれたね!がんばったね!


ちなみに私自身、ものすごい運動音痴でした。私はやんてぃみたいに「たまに」じゃなく、常に泣きたい気持ちで運動してたなあ〜
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する