ワールドカップ決勝戦はドイツ対アルゼンチンの欧州南米対決ですが、、、

思いついた愚問。

負けた国の人々はドイツとアルゼンチン、どちらを応援するんだろう?

たとえばブラジル人やウルグアイ人は同じ南米がんばれ、欧州なんかに負けるな、ってことでアルゼンチンを応援するのかな。
たとえばオランダ人やフランス人は同じ欧州がんばれ、南米なんかに負けるな、ってことでドイツを応援するのかな。

とかってぼんやり思って、ふと。

いやこれがアジアだったらどうだ、と。

日本が負けて、韓国や中国が決勝に進んだとする。

日本人は同じアジアだから韓国がんばれ、中国がんばれ、って、なるかなあ。

まあ応援する人は応援するだろうけど。
そうじゃない人も(以下略)

うふふ、愚問だったな。

自国が負けた後はもうどうでもいいや!って人がいっぱい、あとはマニアなサッカーファンがワクワクして決勝戦楽しむ、って感じかしらね、敗退国としては。

あるいは嫌いな国が決勝に進んでしまったら、物凄い勢いでその国の負けを願ってみる、という精神衛生上悪そうなメンタル病みそうな観戦心理もありますね(笑)


そういえば南アフリカワールドカップの時に、どっかの白人(ちょうあいまい)が「アフリカ勢は同じアフリカ、という意識が強くて自国が負けたら他のアフリカ国を応援する、なんでアジアはそうじゃないの?」という疑問を口にしていて

「いやいやいやいや、ヨーロッパだって超仲悪いじゃんw比べるならご自分のヨーロッパと比べなよ、なんであなたともアフリカとも無関係なアジアをそこで比較するんだよw」

ともやっとしたな、というのを思い出した。

東南アジアも仲悪いし中東だって仲悪い。
隣国ってたいてい仲悪い。

隣国同士の「仲の悪さ指数」というのは「近い時代に戦争や紛争をしたか、現在戦争や紛争をしているか、今後戦争や紛争になりそうか」ということで決まるかと思われますが、そう考えるとわりとどの地域も近い時代(第二次世界大戦後)に紛争戦争やってるんですよねえ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する