ホビット 決戦の行方

ホビット三部作の最後、見て来ました〜!!

ああなんか寂しいなあ、楽しみが今年で終わってしまいました。しくしく。

宝の山から竜がいなくなった、その後こそ本当の戦いが始まる。
ドワーフ、エルフ、人間、オークみーんな、ジャイアン(竜)の消えた宝の山目指してわらわら大合戦開始!!

原作は童話なのに、考えさせられますねえ。

子どもの頃実は原作を読んだことがあります。
子どもの浅い読解力で単純に、「みんななんて欲深いんだろう。お宝めぐって喧嘩なんて!」と嫌悪感を抱き、軽くトラウマになった記憶があります。

大人になった今、この物語に再び触れてみて、あの頃の自分に言ってあげたい「その嫌悪感、それでいい。それを忘れてはいけないよ!」と。


以下すんごいネタバレ。下のほうから行きます。











































































●合戦最後に颯爽と登場する森の仲間達が形勢を逆転しちゃうのでーす

●暗黒面に落ちかかった人は最後ごめんねって反省しながら死んじゃうのでーす

む、これどっちもどこかで見たような!?(笑)
ロードオブザリングからのお約束二つが個人的にツボでしたw

あと、ガラドリエル様が魔王とタイマン、つ、つえー!が見れて良かったです。
ただのなんか偉そうな女王様じゃない!
ガチでお強いんだ!!

でちょい悪エルフ王のお父様やっぱりふつくし〜
息子(レゴラス)そっちのけでお父様に萌えてましたあ

一番感動したのは、ビルボの粋な計らい!
トーリンを助けるために、戦を止めるために、トーリンが一番欲しているオーケン石を隠し、トーリンの敵に渡すという・・・
戦士でもない、魔法使いでもない、ただすばしっこくてちっこくて賢いビルボ。

彼はやっぱりヒーローだなあ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する