外人が後藤健二さん好き過ぎる件

外人が後藤さんを好きな理由

・友達を助けるために命を掛けてシリア入り
 →さすがクリスチャン!まるでキリストのような犠牲精神!

「何があってもシリアの人を恨まないでね。シリア人はもう3年半も苦しんでるんだ、十分だ」
 →いい奴過ぎるだろこの野郎!

「憎むは人の業にあらず」ツイート
 →なんて美しい魂の持ち主!

~~~~~~~~~~

https://twitter.com/JesterSmith/status/562178269743570944
勇敢で美しい人、我々のヒーロー!

https://twitter.com/Datopdlink/status/562115271193001985
あなたの仕事と勇気と戦いに感謝、決してあなたを忘れない!

https://www.youtube.com/watch?v=MOJFKj892W8&t=10m6s
なんて美しい人物。彼は日本のヒーローだが私にとってもヒーローだ。彼の友を守ろうと危険に飛び込んだ犠牲精神はキリストの教えに倣ったものだ

●拘束直前インタビュー「シリアの人を責めないで」に関して

https://twitter.com/Ash3aryRayan/status/562233134213648384
なんて奴だ!日本はこのようなヒーローがいることを誇るべき

https://twitter.com/dna_gcc/status/561964254119460864
なんて勇敢で美しい魂

https://twitter.com/rallaf/status/561898898537869312
高貴で勇敢な人!

※上二つはムスリムさんのようです

●「憎むは人の業にあらず」ツイートに関して

https://twitter.com/DodiePrill/status/563111988717707266
私たちではとても真似のできない大きな魂に感銘を受けたわ、ジーザスの腕の中で安らかに眠れkenji

https://twitter.com/FrLios1/status/563113205674020864
素晴らしいツイート。キリストは復讐を求めなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

湯川さん、後藤さんの死、本当に悲しい出来事でした。
でも、こうやって一人の日本人が世界で賞賛されるというのは、ありがたく嬉しいことです。


「目を閉じて、じっと我慢。
怒ったら、怒鳴ったら、終わり。
それは祈りに近い。
憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。
-そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。」

“My name is Kenji Goto… Japanese journalist, and I’m going to go to al-Raqqa where there is isis hometown. And, it something … happens, know all of the responsibility is on me. So, please don’t claim any blame to the Syrian people. It is my responsibility if something happens. It’s pretty negative but please don’t claim and don’t have a bad impression to the Syrian people. Syrian people are suffering three years and a half. It’s enough. So I would like to get a story of what isis want to do for Syria.”


















































ちなみに日本人はというと、後藤さんのお母さんの悲しみのコメントを読んでこのような感想を・・・。

33 :自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/:2015/02/01(日) 13:47:07.47 ID:z0olcXEq0.net
日本や日本人に迷惑をかけて、
申し訳ないの一言もねーのか、
すげーな、この腐ればばー。

122 :自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/:2015/02/01(日) 14:16:44.58 ID:hT/F2rIQ0.net
>>33
ほんとそれ、激しく同意。
全力を尽くした人たちへの
労いの言葉は何一つなく
「ケンジがケンジが」って、
何も擁護する気になれない。
結局自分が可愛いだけの人なんだな。


うん。
日本人は今日も通常営業だな。


色々なことを、かみしめて考えたい、今日この頃。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する