担任の先生に色々と厳しいことを言われてへこむ日々。

●「他の子は一日でできました」

やんてぃが「コマ回せるようになったの!すごいでしょ見てみて」と私や先生に自慢しまくっている最中に、ぼそりと言われた一言。

●「○○君みたいにもっと大きいの作れるようになるといいね」

やんてぃが「これやんてぃが作ったの!見てみて」と私や先生に作った工作を自慢している時に、やんてぃに一言。

●「お箸つかえないのやんてぃ君だけです!」

家でもがんばって訓練してるんですがねえ
私ゆずりのぶきっちょですみませんねえ。

●「みかんは実で持たせてください!」

いや別にやんてぃがミカンむけないからミニ弁当箱にバラしていれてるわけではなく、「実で持たすと潰れそう」とか「見た目的に綺麗じゃん」とかその程度の理由でして、家ではバリバリむいてます

●「ママに言わせないでやんてぃ君が自分で言いなさい!」

ええと、やんてぃがコマの紐を無くしたと。無くしたけど、この先生怖いから言うと怒られそうだから言えないと。どうしても怖くて言えないと。

私「先生に聞いてみてごらん」
やんてぃ「探しなさいって怒られる」
私「探したけど見つからなかったんでしょう?じゃあそう言えばいいじゃん」
やんてぃ「もっと早く言いなさいって言われるかも」
私「そうかもねえ、いいよ最近無くしたってことにしなよ」

などなどやんてぃと私、家で散々話し合った末に、「じゃあママと一緒に伝えてみよう」となった。

でお迎えの時に言ってみたら、案の定先生ぷちキレ。

っていうかそもそも、年少の頃からなんでも「なんでー?」とか「これでいいー?」とかなんでもかんでも質問する癖があったやんてぃ。
それに対して「考えれば分かること聞かないで!」とやんてぃにキレたのは貴女ですよね?

これでやんてぃは貴女に対して「この人に質問とかしたら怒られる」とインプットしてしまったんですよ。

「これを言うと怒られる」「これは言わないと怒られる」

この区別、やんてぃにはつきません。
貴女にとって片方は下らない質問で、片方は「言って欲しいこと」だったとしても、やんてぃは区別つかないのです。
ゆえにどっちも言わない、と萎縮してしまうんです。

このコミュニケーション不全状態を生み出した責任は、誰にありますか?
五歳児やんてぃだけですか?

五歳児を萎縮させている、ということに対する反省もしたほうが良いと思います。

全て相手の責任、一切自分には非はない、と頑なに自省しない人は、成長がありませんよ。

私はずいぶん、先生の言う通りに頑張ってきましたよこの一年。母子ともに成長させていただきました。

先生はどうですか?
なんか成長しましたか?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する