やんやん(仮)その後

http://walpurhitsuji.blog98.fc2.com/blog-entry-1501.html
↑上の記事で、やんてぃが変なあだ名(仮にやんやんとする)で呼ばれてトラブルになることが続出していたけど、先生がみんなにやんやんって呼ばないでって言ってくれたら言われなくなったという話を書きました。

これの続き。

先日、担任の先生に

「やんてぃ(仮)、やんやんって呼ばれなくなったら、お友達のこと叩かなくなりました。すっごく落ち着いて。
やっぱりそのせいだったんですね」

って。

そっか、良かった~!
先生に伝えてよかったし、先生もすぐに対応してくれてよかった。


お友達 やんてぃが怒るのわかってて、怒るまでしつこく「やんやん」って呼ぶ

やんてぃ 切れて手を出す

状況だったんだろうなあ。

でも先生から見たら、ただやんてぃがお友達に一方的に乱暴してるようにしか見えなかったんだろう。
マンモス園だしね。前後の状況なんて目が行き届かないしね。

面談のとき、先生からは「やんてぃがお友達に乱暴して困ってるんです」という話をされ、
私からは「やんてぃがお友達にやんやんと呼ばれて嫌がってるんです」という話をしました。

先生はやんやんトラブルのことはまったく、知らなかったそうです。

ほんと、先生にやんやんて呼ばれて嫌がってる件を伝えてよかった~。私が伝えなかったら、大変なことになっていたかもしれない。
先生も、すぐに対応してくれてよかった。
「そこは子供どうしで解決すべきところだから、先生は口出ししません」とかって去年の担任なら言いそう(汗)

子供のトラブルには理由があって、大人のちょっとした働きかけでそれを止めることができる。

どこまで手出しするか、っていう見極めは難しいけれど、今回は最善の策を取れたと私は思っています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する