リバウンドで太りやすくなる、って悪いことだけじゃないよね

私は胃腸が弱い。
のでちょくちょく、絶食をする。
長年、胃腸弱体質と付き合い続けての結論として、絶食が一番の薬であることを知っているからだ。

昨日は丸一日食べず、今日も夕飯まで何も食べず。

しょっちゅう絶食をしてるので分かるのですが、一日食べないだけで下っ腹は急速にひっこむ。

ということは、絶食はダイエットにも有効ということになる(私の目的ではない)

ここでいわゆるリバウンド。
こうやって絶食を繰り返すことで、脂肪がつきやすくなるって話。

そういう「悪い効果」って、まさに私のような人のためにあるなあ、って実感をね、します。

下っ腹蓄え分があるおかげさまで、私は昨日丸一日食べない中でやんてぃと一緒に藤子・F・不二雄ミュージアムとか行き
絶食二日目にしてやんてぃ連れて歯医者に行き

とりあえず一日二日くらいだったら、食べなくても日常生活が送れる。

なんてありがたいんだ、脂肪って(笑)
食べなくてもこの蓄えでまあなんとか当座のエネルギー源になる。

うん、ありがたいなあ~

そしてリバウンド効果で、私のような、いつ絶食状態に陥るか分からない人間には、余計に脂肪がつくようになっているw
私のような人間は基本小食なんですが(普通の分量食べると下痢するので警戒して小食にならざるをえない)
それでもガリガリにならない程度の脂肪をつけることができる

体のメカニズムってすばらすいー!

ちなみに水を飲んでれば一ヶ月、水を飲まないと二週間、らしいですね。不食での人の寿命って


あ、そういえば、今は挫折しましたが、一日一食を実践していた一ヶ月間くらいの間は、人生で一番、胃腸が元気だったなあ~

「普通の食生活」は、私のような胃腸弱人間にはまさに自殺行為です。
そんな胃腸を酷使しまくるなんて、恐ろしい

基本は一日二食ですねえ

旅行とかでたまーに一日三食食べると、必ずおなかを壊すわあ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する