「安保法制賛成の新聞は反対意見をほとんど取り上げない。そこが反対派の新聞と大きく違う点です」

池上彰が斬る! 「朝日より読売、産経が問題」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150906-00082234-toyo-soci&p=1

「安保法制賛成の新聞は反対意見をほとんど取り上げない。そこが反対派の新聞と大きく違う点です」

↑だそうです。

へえ、そうなんだあ。

ちなみに私は安保法制は反対です。

●日本の安全保障という面で

尖閣や竹島は日本の領土なので、個別的自衛権の範囲内です。
現状の日本は丸腰でもなんでもない、当然侵略者に対して武力をもって対峙する権利(個別的自衛権)があります。


●集団的自衛権を行使しないことで戦後七十年日本にどんな影響があったか?

朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争等に派兵して戦闘行為ができなかった

上記の影響を「悪い影響」と考えるか?「良い影響」と考えるか?

私は良い影響、ラッキーな影響だったと考えます。

おかげさまで日本人は無駄な血を流さずに済み、国内でイスラム系テロなど起こされずに済んできたわけです。

●アメリカ

現状、アメリカには日本を守る義務があるが、日本にはアメリカを守る義務はない。
ただし日本は基地を提供している。

集団的自衛権を行使するということは、今後、アメリカに対して基地提供にプラスして従軍という貢献をするという意味です。

つまり日本にとって負担増になる。


日本にとって「負担増」「テロリスク増」という方向への変換であるため、日本の国益をかんがみて、私は安保法制には反対です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する