月は太陽で里芋は砂糖芋

ヤンてぃ6歳の勘違いが面白かった。

夜、月を見てちょいちょい「太陽」というなあと思っていた。
その度に「違うよ月だよ」と訂正してたけど
なぜ月を太陽と呼ぶのか判明。

ヤンてぃは月と太陽を同じものだと思っていたらしい!!

昼の太陽が夜になると月になるんだと思ってたらしい!!

アホかわいーw
っていうか、日中に白い月が出てること結構あるじゃんw
あれはなんだと思ってたんだ!

あとなぜか「里芋食べたい」と言い出したやんてぃ。
パパが里芋嫌いだから普段出さないんですけど、里芋の煮物作ってみた。

食べて一言。

「これがサトイモ?
砂糖ついてないじゃん!」

このバカちんがあー!!!
スポンサーサイト
コメント

かわいい!

空にあってひかるもの
だから、同じ!
…という発想!
かわいいです~~~!!(>ヮ<)ノ

ああ…そんなやんてぃくんに、うちの子:著「たいようとつきのはなし」を読ませたら…多分ものすごい混乱する…!w
内容は突然火の玉を吐きあうだけ!!w
そしてたんこぶが出来ます!太陽なのに!

No title

子供の発想ってアホだけど可愛いですよね〜(親バカw)

うちの子:著「たいようとつきのはなし」

読みたいー!$>▽<$
太陽と月のバトルですね!
かっこいいじゃないですかあ!
絵本作家デビューしちゃえっ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する