中韓ゲーのクオリティがすごい@スマホアプリ

http://gameappch.com/app/?app=01638
ファンタジードライブ(中国)

http://gameappch.com/app/?app=02392
Blade Waltz(韓国)


中韓スマホゲーの何がすごいって、「きれいな3Dグラフィック+短いダウンロード時間」

日本のスマホアプリだと、3Dゲーはとかく重く!ダウンロードが長く!なりやすいんです。

中韓ゲーはサクサクグリグリ、きれいなんだよねえ。。。

あ、欧米系は言わずもがなの超絶描き込リアルゲーですし。

http://gameappch.com/app/?app=00315
フロントラインコマンド(アメリカ)

にも関わらず軽い。
アメリカさんやっぱすげえっす。

いや日本の3Dゲームも綺麗だとは思うんですけど、やっぱり重い、DLに数分かかるとか当たり前。動きももっさり感がストレス溜まるんですよねえ

なんか日本の3Dゲーはねえ、グラにこだわり過ぎて快適性を二の次にしちゃってる感じかも。

http://gameappch.com/app/?app=00132
イザナギオンライン

↑これとか確かに美しいんだけど、DL時間が長いったらありゃしないんですよお!

と常々思っていたところ、以下の記事発見。
スクエニの人ですら中国の技術に驚愕している。

うーん本当、頑張れ日本!!

http://gamebiz.jp/?p=145281
日本のスマホゲーム業界が危うい

先日『乖離性ミリオンアーサー』の中国展開の発表のため中国に出張してきました。そこで、改めて痛感させられたことがあります。

「中国のオンラインゲームを作る技術は日本の数段上をいってる」

PCオンライン文化をベースに発展している国だけにそりゃそうではあるんですが、PCのみならずスマホについても既に大きな溝をあけられています。

そもそも中国のスマホゲームがどのくらいすごいことをしているのかというと、

・ほとんどのプレイヤーが3G回線という環境の中
・数十~数百万“同時接続”を可能にし(App Storeセールスランキングの「夢幻西遊」は同時接続200万を超えます)
・ロードもサクサク
・堅牢なチート対策
・一つのゲームに様々な対戦モードがパッケージングされている

というとんでもなさ。

同じくMMOや対戦モノの文化の韓国と比べても、3Gの環境や人口の多さという背景がある中でスムーズに遊べるゲームを作り上げている中国の技術力はすごい。日本では、数千数万の同時接続を実現するだけでも苦労しているケースもあるくらいなので、完全に置いていかれています。

もちろん、3Gや膨大な同時接続を可能にするために素材のクオリティを犠牲にしていたりもしますが、そういった見極めができるということ自体オンラインゲーム開発に慣れていますし、やはりそういった部分も含め先をいっていると言わざるを得ません


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する