改憲草案

https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
自民党の改憲草案

攻めてますねえw
とりあえずこれで日本が大幅に変わることは間違いないっすねえ。
自衛隊改め国防軍が中東派兵とか。
中東派兵してる欧州はどこも過激派イスラムテロを起こされてますが、日本もああいう国になっていく感じでしょう。
派兵=国内テロリスク増はいわば「当たり前」のことで、必ず想定しなければいけない、覚悟しなければいけない部分です。

ただ

「私が日本国内のISテロで殺されたって構わない、それでも日本に中東戦争に参加して国際貢献してほしい」

という熱い思いと覚悟を持って改憲サイドを支持する人はどれくらいいるんだろう。
あとから「こんななずじゃなかった」はやめてほしい。

国民大多数の、覚悟があっての民意なら、たとえ自分と違ってもそれが民主主義だし、と納得できる。

思い出すのは、小泉首相の構造改革によって、それまでほとんどいなかった、
例えば「大卒男性でホワイトカラーで非正規」というのが急増して、扶養家族抱えるお父さんが非正規、も珍しくない日本になりました。

あの時小泉フィーバーした人たちは、日本の多くのお父さんが非正規になる、って覚悟持ってフィーバーしてたのかなあ。

何はともあれ、日本が大幅に変わる転換期にいるようですね。

日本はどんどん変わっていくなあ。

しかし、変革を望む人は自民党に、変革を望まない人は野党に、という、保守と革新のねじれ現象がやはり昨今の日本(小泉首相が自民党をぶっ壊した後の日本)の政治の特徴ですね。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する