ファインディングドリー見てきた

いっぱい笑ってそして泣けたー!
頭からっぽにして見られるドタバタコメディーで、ツッコミどころに突っ込むのも野暮な話といった感じのようするにドタバタコメディーです

でも泣けたよお!

親目線で見ちゃうともう、涙腺がっ

やんてぃも楽しかったって!

パパとママからはぐれた子どもが、パパとママを探すお話って、やんてぃのような迷子世代(笑)的にきっと感情移入しやすいのでしょー♪

あとドリー、前作で見た時正直好きになれなかったんですよ。
「ちょっとバカすぎだろう!!」って。
でもドリーが主役の今作見て、「ああ、そういうことだったのか」って。
いわば、前作でドリーにイラっとした自分もまた、今作に登場する。そういう映画でしたね。

以下ネタバレなので下の方から



























やんてぃ
「なんでアシカは来るな来るなって言うの?」
↑意地悪だったねえw

やんてぃ
「何で魚たち、パパとママが死んじゃったと思ってたの?」

やっぱりあのシーンは印象強かったのね♪

泣き所:貝の道。

あれもう親目線で泣いてまうー!!

ママ思わず
「ママもやんてぃがいなくなっても、ドリーのパパとママみたいにずうっと待ってるからねっ」

やんてぃ
「うん、でもちゃんとお家で待っててね!」

うふふ、そうだね、せっかく帰ってきても違うところにいたら困るよねw

前回見た時はそういう風に見てなかったんだけれど、ドリーは実は、知的障害者だったんですね。
知的障害を抱えた子供、その親、その周囲。
そういう重いテーマを、本当に爽やかに、感動的に伝えてくれる映画です。

見てよかった、前作より私は好きです
ていうかここ最近見たピクサー、ディズニー作品の中で一番好きです
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する