病院冬休み入るから誘発分娩で産んで!→陣痛促進剤効かず、点滴5日目でやっと出産

41週1日で女の子を出産しました。
タイトル通りでして、私ったら陣痛促進剤の効きが悪く、5日も点滴されてしまいました〜。

朝から夕方まで毎日点滴。
微弱陣痛はとりあえずくるし、痛いことは痛いのに本当の陣痛につながらずただの痛み損。
そして両隣は毎日、絶叫からの赤子の泣き声、というドラマでよくある感動の音が聞こえてくるわけですよ。

メンタルやられるわあ〜〜〜〜w
辛かった〜〜〜〜〜w

5日目は朝から初めて、自前の自然陣痛がありました。
ただ陣痛の度に赤ちゃんの心拍が下がる!ということで(ひ〜!)
陣痛促進剤で早めに出す、赤ちゃんの体力が持たなそうなら帝王切開、ということになりました。

進めた結果、赤ちゃんの心拍は通常範囲に収まり、やんてぃの時に比べてはるかに早い5時間半ほどで出産に至りました。
「プチっ」っていう感覚とともにじょわーっと破水する感覚ありまして、そこから早かったかな。

しかし痛かったー

ギリギリの段階でなぜか立ってました私。
「立った方が痛くない気がする!立ってていいですか!?」とか言って立って陣痛を耐え忍んでいたら、

突然、私の口から金切り声が発せられる。

人間、あんな声出せるんだっていう金切り声が。
ケモノですよケモノ。お猿時代にしか出せなかったような、彼方に轟く大音量の金切り声ですよ。
通常時にあの声出せと言われても出せません。
お産のときしか出ないな、あの原始の咆哮は。

助産師さんたち慌てておまたチェック

「子宮口全開!(ついさっきまで4センチだった)立ってる場合じゃないですよ寝て!」

ってイキみタイム。

最後の激痛に耐えて、赤ちゃん出しました〜!

本当にね、なんで人間は絶滅してないのかしらね。

妊娠中は辛く、出産は辛く、出産後の育児も辛く、はっきり言って一人の人間に背負わせて良いレベルの苦痛じゃないと思うんですけども、倫理的に。
神に与えられる拷問虐待的なレベルの苦しみだと思うんですけども。

人間はこれずっと続けてるんですよねえ。
よく絶滅しないもんだわあ。

でも赤ちゃんに会えた感動と、赤ちゃんのお母さんになれる幸せは、出産した人にしか味わえない至上の喜びなわけで。

やんてぃによく似たプニプニほっぺのまんまる頭の、可愛い女の子です。

今回は母に立ち会いしてもらいました。そして初めて、女の子を出産しました。

母が私を産んで、私がこの子を産んだように、この子もまたいつか、たった一人で超人的な苦痛を背負わされた末に、原始の叫び声をあげて、赤ちゃんを産んで、至上の喜びを得るのかなあと思うと、感慨深いものがありました。


今は会陰の痛みと子宮収縮の痛みに耐えつつ、一時間おきの頻回授乳の試練と戦ってます。
またこれかーw
今度は詰まらないといいなあ。

授乳後の赤ちゃんの「ふー、余は満足じゃ」っていう王様のような表情もにいちゃんそっくりでかわいいです。

あとぱいぱい飲みたい時の「オー」ってお口あげてママ見上げるお顔!かあい〜〜


ちなみに誘発分娩代と入院プラス代で、最終的にかかった出産費用は29万円弱実費プラス自治体からの補助金という形になりました。。。

やんてぃはとっても嬉しそうです。

「ママ赤ちゃん生まれて嬉しい?俺嬉しい。赤ちゃんかわいいもん。赤ちゃん俺のこと好きになってくれるかなあ?」

やんてぃの中では完全にペット枠ですね、赤ちゃんの存在w

「でも猫も欲しい。あ、まずはインコからって言ってたよね、インコ買いに行こう」
「赤ちゃん生まれたからペットはもういいじゃん」

「赤ちゃんは無料でしょ!有料のも買って」

赤ちゃんを無料アプリみたいに言うなあ!!
(無料じゃないしw妊婦検診と出産費用だけで40万かかってるしw)

寝るときは赤ちゃの隣で寝たいし ママの隣でも寝たいしで大騒ぎでした

も、もっと赤ちゃん大きくなって睡眠リズム落ち着いてからにしようぜー!

やんてぃ一人で寝なさい、とパパに言われて渋々寝室に入る時のやんてぃのセリフが素敵でした

「ママ大変だったら俺を呼んでね!」

わー頼もしいw

追伸:

ザリガニは私が入院してる間に死んでしまいました。。。
帰ってきたら空っぽの水槽にこけとか生えて汚れててすごく物悲しい。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する