精神医学でいじめ撲滅できるかも? ~ 人の災難を喜ぶいじめっ子の脳

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=8967503&expand
脳のfMRIスキャンを使用した最新の研究によると、すぐにけんかを始める、うそをつく、物を壊してはしゃぐ、そんないじめっ子の脳には、他人の苦しみを見ると喜びを感じる回路が備わっているかもしれないという。

いじめっこの脳は普通と違うらしい。

脳みそレベルで違うんだったら、これはもう医学的になんとかするしかないんじゃないのかなあ。
薬物投与とかでやさしい心になれるのなら、そのほうがいいじゃない。
うつ病が薬でなんとかなるなら、嗜虐症だって薬でなんとかしたほうがいいと思う。

学校で嗜虐傾向を常にチェックして、危ない傾向の生徒は専門の機関で検査をして、異常があるなら治療したほうが良い。
スポンサーサイト
コメント

あ~。

私もそう思ってましたー!
っていうか、以前どっかでそういう傾向があると読んだ気が…!
脳がそういうふうにできているために、ある意味社会不適合であるために、対象を見つけていたぶるというなら…。
ひつじさんの言うように『治療・投薬』が必要ですよね…!
まさか、って皆思ってるから、今までこういうの見逃されてて研究もあまり表にでてこなかったんでしょうか…。
それこそ「差別だ!」ってすぐ騒ぐヒトがいそうだから…。

でも実際にこれだけ色んな人間が存在するのだから、そういう「普通」と違う脳みその人も今後は増えていきそうな気がします…。
すでに今の世の中「共通の『常識』が存在しないも同然」な状態ですし(汗)

No title

>くいなちん
確かに差別とか倫理的にクリアしないといけない問題はいっぱいありそうですねえ
現在主流の投薬で治す精神医療自体、悪名高いロボトミー手術の代用という見方もできますし
しかし遠い未来、うんと医療が発達した未来では、困った脳の持ち主を医療で治すのが当たり前になっていて、犯罪も激減、犯罪者を刑務所に閉じ込めたり処罰したりしている現代を「野蛮な時代」として歴史の授業で教わったりするようになるかもしれない!?
もはやエスエフの世界ですが



コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する